2016年のデビューからもの凄い勢いで勝ちまくっている藤井六段。

ついこの間、六段に昇段したかと思ったら早くも七段昇段チャンスが訪れています。

5月18日に行われる竜王戦5組ランキング戦。その対局に勝てば、

竜王戦2期連続昇級の昇段規定により、七段昇段が決まります!

そこに立ちはだかるのは船江恒平六段!「藤井キラー」と呼ばれる一門の棋士です。

Sponsored Link

「藤井キラー」井上一門

デビューから現在まで74勝12敗、勝率8割6分という驚異的な数字を誇っている藤井六段ですが、実は藤井六段に全勝しているという一門が存在します。

その一門とは、井上慶太九段の一門です。

 

まずは藤井六段の過去の敗戦記録を見てみましょう。

藤井六段の過去の敗戦記録

先手 ー 後手

佐々木勇気五段 ー 藤井聡太四段

三枚堂達也四段 ー 藤井四段

菅井竜也七段 ー 藤井四段

豊島将之八段 ー 藤井四段

井出準平四段 ー 藤井四段

佐々木大地四段 ー 藤井四段

藤井四段 ー 上村亘四段

藤井四段 ー 大橋貴洸四段

稲葉陽八段 ー 藤井四段

藤井四段 ー 深浦康市九段

藤井四段 ー 大橋貴洸四段

井上慶太九段 ー 藤井六段

 

現在まで90局近く指して、これだけしか負けがないというのが驚きですが、

この中で、印をつけた棋士が井上一門の棋士です。

菅井七段は現在、王位のタイトルを保持、稲葉八段はA級棋士とトップ棋士ですが、

師匠の井上九段も意地を見せて勝利を挙げています。

余談ですが、上記に出ている大橋貴洸四段は全棋士の中で唯一藤井六段から2勝を挙げており、年度勝率も好成績を残している棋士です。

藤井六段と同期昇段で、藤井六段の陰に隠れ気味ではありますが、非常に強い棋士です!

対戦相手の船江六段とは

そして、次の対戦相手の船江六段の基本データを見ていきましょう。

名前:船江恒平

出身地:兵庫県加古川市

生年月日:1987年4月27日(31歳)

プロ入り:2010年10月1日(23歳)

師匠:井上慶太九段

段位:六段

竜王戦:5組

順位戦:C級1組

主な成績:一般棋戦優勝2回

勝率:191勝109敗(0.637)

奨励会時代には伸び悩んだ時期もあり、弟弟子である稲葉八段や菅井王位に先を越されるなど苦労もあったようですが、一般棋戦優勝も2回と実力のある棋士です。

また、藤井六段が先日4連覇して話題になった詰将棋解答選手権で2010年に優勝経験も持っています。

まとめ

2018年度に入ってからは3戦全勝と勢いが止まらない藤井六段と「藤井キラー」一門である

船江恒平六段。

どちらが勝つかは、師匠の井上九段曰く

 

五分五分

 

とのこと。

藤井六段は今更語ることはないほど素晴らしい才能の持ち主ですが、船江六段も棋戦優勝経験のある実力のある棋士。

船江六段は「緊張する方ではなく、多くの方に注目してもらえるのは嬉しい」と語っています。

藤井六段が七段に上がっていくのを楽しみにしている方も多いと思いますが、個人的には船江六段が勝って「藤井キラー」一門として更に存在感を見せつけるのも面白いかなと思います。

藤井六段が勝って七段昇段を決めるのか船江六段が阻止するか、注目の一戦になりますね。