1月9日に放送された「東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!」での元SMAP・木村拓哉さんのハイパーホッケーがネット上で話題になっています。

結果的にこのハイパーホッケーで木村さんのチームが逆転勝利することになりましたが、そのプレー内容が話題になっているので、簡単にまとめてみました。

松山ケンイチを無視したプレー

ハイパーホッケーは2人ずつのプレーなので、木村さんは松山ケンイチさんとペアを組んでいましたが、ほとんど木村さんが1人でプレーしていたので、松山さんはプレーに参加できていませんでした。

ネットでも「キムタクのワンマンプレー」、「松ケンも参加させてあげて」などの声が多く挙がっていました。

ラリーをしない

ホッケーの見どころといえばラリーですよね。長いラリーが続けば続くほど見ている方も楽しめます。ところが、木村さんは円盤を手にしたらすぐ台のサイドに移動し、思いっきり打って得点していました。

1-3でリードされた状態から木村・松山ペアに交代し、4連続ポイントを決めて逆転勝利しましたが、交最後の1点以外すべて木村さんのサーブで決まり、ラリーが続くことはほとんどありませんでした。

そもそもサーブを打つときに敵陣ぎりぎりまで近づいて打つというのはルールとしてどうなんでしょうね。一部では「反則プレー」との声もありました。

アナウンサーから注意が入るも聞かず

これを見かねたのか、実況していたアナウンサーから「松山ケンイチは参加していないように見えますがこれでいいのでしょうか」という注意のようなものが出たものの、木村さんは松山さんに指示を出すような素振りを見せただけでそのままゲームは続行されました。

結果、そのままゲーム自体はクリアしたものの視聴者からは反感を買うような内容になってしまったというわけですね。

感想

私もこのハイパーホッケーは見ましたが、確かに酷かったです。木村さんだけテンションが高く、周りの人は置いてけぼりという印象を受けました。

対戦相手のホンジャマカの2人も苦笑いしていました。

ネットでの反応もかなり批判的なものが多かったですね。実際バラエティー番組としては全く面白くなかったですし、そのあとにプレーした阿部サダヲ・要潤ペアの方が盛り上がっていました。

木村さんはSMAP解散後初のバラエティー番組出演となりましたが、ちょっと雲行きの怪しいスタートなったかもしれません。